【学習スタイルの「才能」って何?】

「あの人は才能がある」と言うと一般的には他の人と比べて秀でている、というイメージがあります。特に日本人の私たちは謙虚なので「わたしにはこんな才能がある」とは通常人には言いません。


学習スタイルの「才能」は、他の人と比較して飛びぬけたという視点は脇において「自分が容易くできること」と定義しています。
生まれつきで、特別な努力をしなくてもできていること。テストとか人の評価で飛びぬけているというのは見えやすい「能力」かもしれませんが、必ずしもそれがその人の生まれ持った「才能」とは一致しません。


学習スタイルでは他の人には見えづらい、数値化しづらい「才能」をハワードガードナーのMI理論(多重知能理論)を更に発展させて12の才能に分けています。
人には何かしらの「才能」があるものです。謙遜するのではなく、自分の中の才能を発見し、意識して、日々の生活や学習に役立てて行きましょう。毎日が過ごしやすくなることに気が付くはずです。


あるお父さんはお子さんの「対人的才能」、「発話型」から、気質が3番目の関係影響型が一番彼女らしいかもしれないので観察します、と言っていました。お子さんは「こうなりたい」とか「こうあるべき」で学習スタイルに取り組むことがあるので、観察をすることが一番のお勧めです。
◎学習スタイルオンライン講座 「12の才能から子どもの強みを考える」第4回目は3月11日(木)10時~12時です。

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (1)
  • びっくり! (1)
  • さっそくやってみます(^-^) (1)
  • なるほど☆ (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2019.10.31

【普通って何だろう?】本田秀夫先生の放送から

今週は発達障害についてNHKではあらゆる番組で特集を組んでいる。夜8時以降はTVを観ないので録画でBSの「ハリウッドで活躍する発達障害者た…

直近の講座開催スケジュール

今後のイベントはありません。

ページ上部へ戻る