【ご感想:学習スタイル診断 発達グレーゾーンの息子は視覚優位だった】

【Uさん お母様とお子さん(7歳)の学習スタイル診断 関東地方在住】

1.学習スタイル診断を受けようと思ったきっかけ:
息子が発達グレーゾーンで学習に遅れがあるので、効果的な勉強法が知りたかった

2.学習スタイル診断の結果と解説コーチングで気が付いたことを教えてください:

  • 自分は視覚優位で息子が聴覚優位だと思っていたが、真逆で私が聴覚優位で息子が視覚優位だった。解説を受けて、そういえばと思うことが沢山あり、今までのアプローチが間違っていたとわかって、これから変えていこうと思った。
  • 息子は聴覚優位だと思っていたので、一生懸命に話をしようと心掛けてきたが、どうも伝わってないような気がしていたのは視覚優位だったからだということがわかった。
  • スケジュールを伝えても当日にすっかり忘れていて、気持ちの切り替えがなかなかできないことが多かったのも、視覚的にスケジュールを見せていなかったからだとわかった。
  • 先日、プロにお片付けをしてもらい、タンスに「ズボン」「Tシャツ」などと書いて貼ってもらったのだが、それがわかりやすいと息子には好評だったのも視覚優位だったからだと思う。

3.今後の子育てにおいて診断結果をどんな風に役に立てたいですか?:
漢字学習について、目で見るフラッシュを取り入れていきたいと思った。
真剣な話をする時は図に書いたり、紙に書いたりして説明しながら話を進めようと思った。
スケジュールは目に留まりやすいところに書いて貼っておこうと思う。

4.学習スタイル診断をどんな方にお勧めしたいですか?:
発達凸凹のお子さんを持つ方

5.その他ご感想:
ご経験からいろいろとアドバイスを分かりやすくいただけてお話しできた本当に良かったです。ありがとうございました。

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (1)
  • なるほど☆ (1)
  • さっそくやってみます(^-^) (1)
  • びっくり! (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る