【講座レポート】「学びの凹凸・書字障害の対応法 3つのキーワード」

2018年5月31日木曜日 ママカフェ渋谷「学びの凹凸・書字障害の対応法 3つのキーワード」
2000年に米国で「学習スタイルとコーチング」を学んだときの衝撃を今でも忘れません。教育学者のマリエマとビクトリアははっきりと「学習障害はありません。枠をはめる学習方法ではなく、その子に合った方法で学ばせればよいだけです」とおっしゃったからです。確かに漢字はや英単語は「何度も書いて覚える」、「歴史の暗記は赤線を引いて赤い下敷きで文字を隠して覚える」、算数は「途中式を必ず書くこと」や、授業中は「板書を取ること」、、などは、一部の生徒には適したやり方かもしれませんがそれが必ずしも万人に通用する学習方法ではないことは私にも心当たりがあります。「あなたの学びやすい方法は何?」と聞かれて個別にその学習環境を用意してもらえれば、安心して子どもは本来の学びに集中することができるでしょう。「何を学ぶか」よりも「どこで学ぶか」とか「どう学ぶか」を決めすぎている傾向があることが問題になっているのではないでしょうか。

本日のカフェ講座では「学びの凹凸と学習障害」をテーマにしました。英語ではLearning Difficulty(学びの困難さ)とかLearning Differences(学び方の違い)と表現されることが主流になり、昔のようなLearning Disorder(学習障害)という言い方さえ今では使用していません。
主なそれらの特徴は1:知的な遅れはない 2:書く、読む、話す、聴く、計算する、推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す状態のことだと言われています。
その代表的な特徴は3つあります。
1:読字障害(ディスレクシア)は文字が踊ったりゆがんだり、浮かんだりして見えるため行や文を読み飛ばしてしまうことが多い特徴があります。
2:書字表出障害(ディスグラフィア)は黒板からノートに写すまでに文字を忘れてしまう、文字がマスからはみ出したり鏡文字を書きます。
3:算数障害(ディスカリキュラ)は主に数の概念や数を覚えることに時間がかかること、です。「なんだかわが子は学び方が他と違うようだ、」と感じた場合にすぐに親ができる3つのステップをご紹介します。
1:特性を見極める。
実際に何が得意で何が困難か診断を受けましょう。一旦現状を把握すれば解決への次のステップが明白になります。視力は悪くないのに板書が取れない、鏡文字を書く、マスに文字が収まらないなどが見られた場合には「視覚認知検査」をすることをお勧めします。「視覚認知検査」を行っている眼科で受けられます。また子どもの認知の特性を知りたい場合はWISC-IVや認知だけでなく基礎学力も検査ができるK-ABCなどがおススメです。20年間、多様な学びの現場で支援してきたものとしては出来ないこと、よりもできることに着目したいので「学習スタイル診断」を推薦します。その子らしく伸び伸びと学習ができるような環境づくりの指標をとなるからです。

2:ツールを用意する。
視力が弱い場合には眼鏡やコンタクトレンズを装着するように、字を書くことが苦手ならばPCやiPadを補助として使えるようにします。また文字や数字の認識に困難が見られる場合には色付きの眼鏡や下敷きが役に立ちます。ある子どもは緑で、我が子は黄色の下敷きを選んでいました。いづれにしてもテクノロジーと学習の困難さは相性が良いようです。読み書きや学習につまずきのある子どもたちにテクノロジーを使った学び方を提供している塾を利用してみましょう。
例:英語塾 ブリキッ 
3:学びやすい環境に整える
子どもが学びやすいように環境整えるのは親であるあなたにしかできません。子どもの学習環境と言えば真っ先に「学校」が思い浮かびます。学校との連携は大切です。どのような「合理的な配慮」をしていただけるか、診断データをもって対話を重ねていきましょう。「合理的な配慮」がどのように自分の子どもだけでなくクラスの子どもや生徒にとってメリットがあるかも含めて伝えられるとより前向きに検討してくださるでしょう。東京の渋谷区は昨年から全小学校と中学校に一人一台iPadが支給されています。ipadで板書を取ることが自然になるのはもう目前だという気持ちで先生方に語り掛けてください。
ただし、「学校」は学習をする場の選択肢の一つであってそれがすべてではありません。その子がその子らしく居られる場所が「学校」ではない場合は、迷わず他の選択肢を探しましょう。エジソンを始めとした大成した成功者は大抵「学校」では評価をされていません。ディスレクシア専門の英語塾もじご塾 では子どもがのびのびと勉強をしていて、先生方も特性の沿って明確にサポートをしてくださっているということです。その他には中高生年代には東京インターハイスクールのような多様な学びの場で親以外の大人(担任学習コーチ)からコーチングを受けながら目標を達成していく場も貴重な時間です。勉強は「どこで学ぶか」ではなくて「何を学ぶか」なのです。

思春期年代と1000人余りに関わってきましたが、子どもの年齢が若いうちにその子の強みを伸ばし、特性に合った環境で育てていると、「学び」を嫌いになっていません。本来楽しい「学び」が「勉強嫌い」になってしまうのは悲しすぎます。苦手をチャレンジさせ続けて「鬱」や「拒食」「不眠」などの心身的な症状を抱える「2次障害」を発症してしまう前に、ぜひ子どもの一番の応援者である親が子どもの声を心からまずは聞いてあげてください。その方法はマインドフルラーニングの学びで一緒に深めていきましょう。

【カフェ講座ご参加者のアンケートより】

  • 学校以外の教育の場が子どもにあって居ることはわかるが既存の教育の場から飛び出させるのが怖くて不安だが勇気をもらった
  • 子どもの今後の可能性を探しているのでいろいろな選択肢を教えていただきたい
  • 学習スタイル診断をつけて息子と親自身の環境設定をしたい
  • 同じような悩みの参加者と共感ができてよかった
  • 子どもの困難さのおかげで子どもとコミュニケーションをよりとるようになった。宝をいただいたとおもっている
読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (4)
  • びっくり! (0)
  • なるほど☆ (0)
  • さっそくやってみます(^-^) (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2017.12.28

2018年の新しい講座のお知らせ

2018年の新しい講座のお知らせです。2017年は講座を始めた半年間でのべ100名の先生や保護者の方とお会いしました。2018年は更に多くの…

直近の講座開催スケジュール

8月
25
1:30 PM Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
8月 25 @ 1:30 PM – 4:30 PM
Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
。   🍀「Most Likely To Succeed」上映会 概要🍀 「Most Likely to Succeed」上映会 ~みんなで考えよう、学びのこれから~ 京都で、話題の教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会を開催します! 「Most Likely to Succeed」 とは? 「Most Likely to Succeed」 は、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン卿、カーンアカデミーのサルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボ所属の、トニー・ワグナー氏などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。2015年の公開以来、5000以上の学校や図書館、公民館といった公共施設や、SXSW edu を含む教育カンファレンスなどで上映されています。 米国のカリフォルニア州にある High Tech High というチャータースクールに通う二人の高校1年生の成長を追いかける過程で、日本と同様な受験偏重型教育と、生きる力を身につける実践的な教育のバランスをどう考えるかなど、国は違えど似た状況も多く、教育を取りまく様々な視点について考えさせられる作品です。 この日は、マインドフル子育て主宰、そして、日本人初の学習スタイルコーチである高橋有希子さんをゲストにお迎えし、親、教育者、学生、こども・・・、その場に集まる皆様たちと意見交換もしながら、一人ひとりが、自分ごととして考えられる場にしていきたいと思っています。 全編英語、日本語字幕がついています。字幕が読めるお子さんは、一緒にご覧いただけます。[...]
8月
26
10:00 AM Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
8月 26 @ 10:00 AM – 1:00 PM
Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
「Most Likely To Succeed」上映会 2015年に米国で公開され、日本でも教育者の間で静かに広がっている映画です。「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」学校の教育だけが正しい学びなのでしょうか?これからの時代、最も成功する学びの方法を一緒に考えていきましょう。上映会の後にシェアの時間を持ちます。   🍀「Most Likely To Succeed」上映会 概要🍀 🔶 テーマ: 「Most Likely To Succeed」上映会 🔶対象: 新しい教育法について学びたい方、自分のコミュニティに広げたい方 🔶定員: 30名 🔶時間: 10:00~13:00 🔶開催場所: 東京都渋谷区渋谷1-23-18 ワールドイーストビル4F 🔶参加費:無料 🔶申し込み:info@inter-highschool.ne.jp 名前、電話番号、メールアドレス、所属、参加理由を添えてお申し込みください。       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
8月
30
9:45 AM 【第一回:育てにくい子どもを持つ... @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
【第一回:育てにくい子どもを持つ... @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
8月 30 @ 9:45 AM – 12:00 PM
【第一回:育てにくい子どもを持つ親のための講座】 @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
【第一回:育てにくい子どもを持つ親のための講座】 -吹きこぼれ集まれ!ギフテッドの子どもたちの教育を考える会- 【澤田幸子さんと学習スタイル】 自らもギフテッドのお子さんを持ち、その子どもに合う療育を家庭で!と発達凸凹の親子支援している澤田幸子さんをお迎えして子育て相談講座を開催します。 澤田さんは全国から発達凸凹さんの情報共有のための療育グループを主宰していて、特性を生かすためのボードゲームを使ったソーシャルスキルトレーニングや感覚統合運動についての具体的な家庭で出来る方法などを親向けに発信したり、直接発達課題のあるお子さんたちに実践していらっしゃいます。 学習スタイル診断を受けてからお子さんの自己肯定感が上がり、診断を指針に子育てがしやすくなったとのことで多くの皆様に子どもの強みに着目する方法、弱みを支援する方法をお伝えしたいという思いで会の開催を決定いたしました。 高橋ゆきこは2000年より米国通信制高校でAcademic Directorとして勤務。現在はマインドフルラーニングを主宰し、子どもの強みを発見するための学習スタイル診断を基本に子育てコーチング、コーチ認定講座、親子コミュニケーション講座、企業幹部コーチングなど多岐に渡って「人育て」をしている皆様の支援をしています。 一年でお会いした保護者の皆様は述べ200名。2000年から支援してきた思春期の子どもや親御さんは1000名近くです。 9月からは月1回、週末に定期的な勉強会を開いていく予定です。地方の方にもZooomでご参加いただけるような仕組みを9月から始動します。 まずはキックオフ講座にご参加になりませんか? 初回では、まずは皆様からの質問に答える形でセッションを進めていく予定です。 療育、コミュニケーション、強み、ゲーム、学力、学校との連携、不登校、多様な学びの場、学びの選択肢、サポート校、思春期、Most likely to succeed、、などのキーワードに一つでもヒットした方はぜひご参加ください。   🍀「吹きこぼれ集まれ!ギフテッドの子どもたちの教育を考える会」概要🍀 🔶 テーマ: 「育てにくい子どもを持つ親のための講座」 🔶定員: 25名 🔶時間:9時45分から12時 (開場9時半) 🔶開催場所:東京渋谷 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】渋谷1-18-9 🔶参加費: 2500円 (事前お振込みでご参加が確定いたします) 📝 お申し込みはこちら       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
9月
6
11:30 AM Mama Cafe 「思春期対応法 3つの... @ 渋谷
Mama Cafe 「思春期対応法 3つの... @ 渋谷
9月 6 @ 11:30 AM – 1:30 PM
Mama Cafe 「思春期対応法 3つのステップ」 @ 渋谷
「思春期年代の対応法 子育て相談Q&A」 あれだけ素直だった子どもが一夜にしてまるで別人。驚くような言葉遣いをする。学校ではいい子なのに家では好き放題。思春期はホルモンのバランスが乱高下していてまるでジェットコースターの毎日。「命があるだけで2重◎」、とある心理学者は描写するような危なっかしい時代。家庭での声掛けや、見守り方を一緒に考えていきます。   🍀Mama Café 開催概要🍀 🔶 テーマ: 「思春期年代の対応法 子育て相談Q&A」 🔶対象: 小学生以上のお子さんがいらっしゃる保護者 🔶定員: 4名から10名まで 🔶時間: 11:30~13:30 🔶開催場所: 渋谷駅 徒歩5分の素敵なカフェ 〈お申し込みいただいた方にお知らせします〉 🔶参加費: 参加費は1000円+(飲食代は別途各自お支払い)です。ヘルシーなランチをいただきながら 楽しい雰囲気で真面目な子育ての話をします。 📝 お申し込みはこちら       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
9月
9
1:00 PM 「学習スタイルを活用した勉強法」... @ 東京インターハイスクール
「学習スタイルを活用した勉強法」... @ 東京インターハイスクール
9月 9 @ 1:00 PM – 4:30 PM
「学習スタイルを活用した勉強法」渋谷開催 @ 東京インターハイスクール
「学習スタイルと親子コミュニケーション」 アメリカのカリフォルニア州のラーニングサクセスインスティテュートで40年前に開発された「ラーニングスタイル」という学習方法のタイプ別分析法があります。その診断を元に親子の違いや子どもの学力や強みを伸ばす方法を学ぶ2時間余りの講座です。 私たちのほとんどは、自分のやりやすい方法が学び方のベストだと思って子どもに伝えてきました。多くが学校で学ぶ方法を身近に感じて授業を聞いて、学ぶという学習方法が学習の基本だと考えています。しかし、その学習スタイルが合っているのは、5つある学習の気質のタイプのうちの1つのタイプにすぎません。また、子どもと親の学習タイプが同じとも限らず、「私はこれでうまくいったから」という感覚で話してみてもうまくいかないことも多いです。子育ての目的、日本、海外の教育に関する最旬な情報、そして、子どもの学習スタイルについて強みを一緒に発見しましょう!また、皆さんにも、学習スタイルのアセスメントを体験していただき、ご自身の学習スタイルを知っていただくことができます。     🍀「学習スタイルを活用した勉強法」 概要🍀 の会を企画・運営する DEI(Democratic Education Initiative)は、日本中で、民主的な教室・職員室・学びの場を実現していこうとする人たちが、具体的に、制約/枠組みがある教育現場で変化を起こしていくためのネットワーク。 ココロミ会は、 教室や職員室や各現場で、具体的にやってみられそうなことを、 みんなで体験したり、考えてツール化したり、現場でのいかし方・使い方を検討したりして、現場でデモクラティックエデュケーションをかたちにしていくための思考と試行の場です。 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –[...]
ページ上部へ戻る