【レポート】「帰国子女、留学、などインターナショナルバックグラウンドを持つ子育て相談Q&A」

2018年2月8日(木曜日)田園調布 開催
「帰国子女、留学、などインターナショナルバックグラウンドを持つ子育て相談Q&A」

今週から5回連続で毎週トピックを変えた子育てカフェ講座を行います。共通項のある皆さんが集まることで参加者同士の学びを深めるためです。今日のトピックを見てお申し込み頂いたのはアジア地域から帰国して半年経つ5歳児のママ。南半球に9年間住んでいたあと日本のインターナショナルスクールに通い始めたママ。アメリカから帰国して4年経ち、中々自分の学習スタイルと日本の進学先の高校が合わないというご家庭。そして、これから高校留学を検討しているママなどです。

幼稚園はインターナショナル系に入れていて今後の教育方針をどうするかというお話や、日本のインターナショナルスクールが今一合わないという話題になりました。インターナショナルスクールといっても、取れる資格が違ったり学校の特色がそれぞれです。年齢も現在の悩みも多様でしたが、日本のインターナショナルスクールの実情から始まり、普通教育機会均等法、大学入試改革、から今後はますます子どもの強みや個性を伸ばすことは学校ではなく家庭に任されていることについてお話ししました。

自立した大人を目指した子育てのためには子どもの強みを発見し、伸ばしていくという流れから学習スタイル診断の「気質」について説明をしました。それぞれが違う気質を持っていたので「自分の当たり前」、が他人には「当たり前じゃない」ということにワークを交えながら徐々に気がつく参加者の皆様。濃密な時間を過ごすことができました。ランチでは日本の学校の「あるある」について話が盛り上がりました。本が一冊書けそうな話題が続出しました。移動したカフェレストランもヘルシーで見た目も美しく、食べ物を囲んで更に話が湧きました。

ご感想から:

  • 子どもとどう向き合うべきか改めて考える機会になりました。
  • 個性を引き出して興味をもっていろいろと学べるよう、子どもの気質について深く知る必要があると思いました。
  • いろいろな情報を聞くことができたり、今まで漠然としていたものが的確な言葉、説明によってわかったり、とても楽しい時間でした。
  • 英語力の保持の仕方、家庭での取り組み方について深く、具体的にお伺いしたいです。
  • また個人的に相談させてください。

その後、地元の幼稚園に学習スタイル講座のご案内をお持ちしました。全園児のお手紙に配っていただけるとのことと毎年一度の講演会にお呼びいただけるとのことでした。地道な活動ですが、信頼関係の密度の濃い仲間を作り、広がっていけばと考えています。一人でも多くの皆様の子育ての伴走者になれますよう活動を続けて参ります。ご参加お待ちしています^^帰り際に「一緒に写真を撮ってください♡」とお声掛けいただいたことがうれしかったです。

最新講座のご案内はこちらまで

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (2)
  • びっくり! (0)
  • なるほど☆ (0)
  • さっそくやってみます(^-^) (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る