【ご感想:学習スタイル診断 特性のある子どもの進路選択のヒントとなりました】

【aさん お母様とお子さん(12歳)の学習スタイル診断 関東地方在住】

1.学習スタイル診断を受けようと思ったきっかけ:
特性のある子どものこれからの進路選択のヒントを探す為。
また、今まで気づいていない自身の事を見つめ直し仕事など新たに何かを始めるきっかけとなる物を見つける為。

2.学習スタイル診断の結果と解説コーチングで気が付いたことを教えてください:

子どもに関してですと、今の勉強をする環境を常々指摘(音楽を聴きながらの勉強など)していましたが、コーチングでその方が本人集中して頭に入っていたという事がわかりました。
また勉強などをする際、本や聞いたりするよりもDVDや映画などの映像などを用いての学習が効率的に頭に入りやすい事がわかりました。確かに、普段集中力がない子どもですが何か調べる時などは時間を忘れパソコンに向かっていたことに気が付きました。

3.今後の子育てにおいて診断結果をどんな風に役に立てたいですか?:

これまでの子育ての中で、思春期に入り、特性のあるがゆえに今一つどのように寄り添い声かけていったら良いかなど常々悩んできました。今回の診断結果から息子の気質、優位感覚などがわかりましたので、焦らず彼のペースで自らが判断出来る環境を整えてあげたいと感じました。

4.学習スタイル診断をどんな方にお勧めしたいですか?:
自分がどういった事に向いているのかと悩ませている方、進路選択に迷われている方、子どもの特性を知っておきたい方。

5.その他ご感想:

今回のコーチングは是非子どもと一緒に参加して、直接先生からのアドバイスを頂きたかったのですが‥私1人での参加となり残念でした。1つ1つ丁寧な解説やアドバイスで今までモヤモヤしていた物がスッキリした感じです。今回のアドバイスを踏まえて、進路選択していきたいと思います。また私自身も自分の強みを認識しながら、色々な事に挑戦してみたいと思います。

*その後お子さんへの声掛けの仕方などのメールのやり取りを続けています。

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (0)
  • びっくり! (0)
  • なるほど☆ (0)
  • さっそくやってみます(^-^) (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2020.3.27

【免疫を高める方法のマイオリジナルリストを作ろう!】

テレビのニュースはネガティブばかりで疲弊した気持ちになる毎日です。ロックダウンとなったら買い出しに出かけ、、と情報に振り回されがちな自分に…

直近の講座開催スケジュール

直近のイベントはありません。

ページ上部へ戻る