【学習スタイル診断 ご感想】夫や子どもの個性に尊敬の念が生まれました!

【Jさん ご夫婦とお子さん(7才)で学習スタイル診断 九州在住】
1.学習スタイル診断を受けようと思ったきっかけ:
私の子供には普通の学校の授業が合っていないんじゃないかと思ったので、どのような学び方が合っているのか知りたくなりました。

2.学習スタイル診断の結果と解説コーチングで気が付いたこと。:
自分の学習スタイルが一般の学校で行われているのに合っていたことが分かって、自分が学習面では問題なく学校生活を過ごせた理由が分かりました。夫の学びのスタイルについて聞いた時に、自宅よりカフェの方がいいと言っていたのが腑に落ちました。子供がユーモアを楽しみ、サービス精神があり、自分も周りも楽しむことと大事にするというのを聞いて、何でこんなことするんだろう?と思っていた不可解なことの意味がわかり、長所だと思えるようになりました。

3.受ける前と比べてお子さんの見方、子育ての意識で何か変わったことがありますか?:
特性が理解できないと短所だと思ってしまいがちですが、高橋さんからの中立的なフィードバックを受けて伸ばしたい長所がいっぱいあるなと感じられました。3つあげると
・楽しもうとしているのを理解しよう
・動画(TV)で学ぶのもありかな
・体を動かす活動の重要性
が分かったというところです。

4.今後の子育てにおいて診断結果をどんな風に役に立てたいですか?:
・今日お聞きした子どもの学習スタイルを踏まえて、学校の先生に我が子の特性を伝える。
・子どもと自然を楽しむ。
・図や絵で示してみる。

5.学習スタイル診断をどんな方にお勧めしたいですか?:
子どもの学習について悩んでいる人、ついつい口うるさくなってしまう人にいいかなと思います。

6.その他ご感想:
今回夫婦と子どもで受けて見たのがとても良かったと思います。また多様な学びのスタイルがあることを広く知ってもらいたいです。いろんなスタイルに合った学びの場が提供されて、一般の学校が合わないからといって肩身の狭い思いをする子が減るといいなと思います。今回は、とても有意義な体験をさせていただきありがとうございました。

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (0)
  • びっくり! (0)
  • なるほど☆ (0)
  • さっそくやってみます(^-^) (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2020.5.20

【 オンラインダイアローグ(哲学対話)導入例】

「8つのルールで安心安全の場で答えのない問いについて共に自由に話し合う」オンラインダイアローグ(哲学対話)の企業の導入例です。自粛待機中の…

直近の講座開催スケジュール

直近のイベントはありません。

ページ上部へ戻る