【免疫を高める方法のマイオリジナルリストを作ろう!】

テレビのニュースはネガティブばかりで疲弊した気持ちになる毎日です。ロックダウンとなったら買い出しに出かけ、、と情報に振り回されがちな自分に気が付きガッカリしたり、でもどうしたらよいかわからない、、という状況ではないでしょうか。

この機会にいかにポジティブにやり過ごし、粛々と淡々と過ごしていくかという視点を大事にしていきたいところです。そこで免疫を高めるアイデアを家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。リスト化してみると意外とたくさん出てくるはずです。そして良い情報、お互いの知恵はSNSなどで共有する。「ポジティブ」を広げてみましょう。


例えば

  1. 「家カラオケ」:話さなくなると人間ダメになります。発話して自分の元気度をあげましょう。
  2. 「お菓子作り」:プロテインをこっそり入れて、砂糖はラカント。低糖質のおいしいものを追求
  3. 「庭の周りの草いじり」:自然と接するとすっと気持ちが落ち着きます。爪の中が泥だらけになるぐらいまで無心に。
  4. 「河原の散歩」:オープンスペース、人がいない時間帯にぶらぶらと。季節の変わり目を感じる
  5. 「アロマスプレー」:エタノールは売り切れなのでグリセリンで、抗菌仕様のアロマスプレーを作る。匂いに癒されます
  6. 「お香を焚く」:除霊になるので定期的に我が家は焚きます
  7. 「80年代の音楽を聴く」:青春に一気に舞い戻り
  8. 「社会貢献活動」:人をサポートして自分も元気に。ネットを通じてどんなことでもいいから自分の得意分野を提供しよう
  9. 「編み物」:娘から学んで2週間。まだ半分も仕上がらないが、眠れぬ夜に編み物をすると5分で夢の中
  10. 「読書」:この機会にしか読めないあの書籍、昔に心打たれたあの本に再会すること。心が温かくなるのを感じます
  11. 「ハンドクリーム」:好きな香りのハンドクリーム。匂いがしなくなったらコロナ陽性と分かるから使い続けるといい
  12. 「メガビタミン」:糖質制限、プロテイン、ビタミンC,E,D,A,鉄とNACさえ飲めば無敵
  13. 「マスクづくり」:まだやってないけれどやってみたい。娘との共同作業で一緒に過ごす時間UP!
  14. 「おしゃべり」:ライン電話使って離れている子どもたち、家族と他愛のないおしゃべりをする。ネットのカウンセリングやコーチングで話を聞いてもらう。
  15. 「バランスボール」:うちに2つあるバランスボール。テレビを見ながら内腿鍛えたり、PC仕事中に乗っかる、プレステで遊ぶときにも同時に鍛えられると一石2鳥
  16. 「家族でボードゲーム」:コミュニケーションUP間違いなし。お勧めはモノポリー
  17. 「食事作り」:一からカレーを作ってみるとかこの機会に普段作らないような食事にチャレンジ!
  18. 「お風呂」:一番安い1㎏80円くらいのお塩をたっぷりと風呂に入れる。入浴剤を楽しむ。ウイルススッキリ流し、血流良くして元気になります
  19. 「手紙を出す」:しばらく会っていなかった人に手紙を書いて送ってみる。義家族に書籍を送ったり、家族全員にウイルスガードをプレゼントしました
  20. :「Amazon Primeでドリフターズを観る」:幼いころ観たあのエピソードのあのシーン。何度見てもたまりません。
  21. 「学び」:この機会に自分のスキルアップを!オンラインZOOMの学習スタイル認定コーチ養成講座はいかがでしょうか?全国全世界の子育て・教育・コミュニケーションを学びたい仲間を作り、次のステージの準備になります。詳細はこちらから (通年開講募集中。人数が集まり次第開講しています。3期、4期は定員になり現在は第5期の募集中)


笑いを多く取り入れると「ナチュラルキラー細胞」が増えガンが抑制できる、免疫が上がる、というリサーチ研究があります。テレビ・ネットなどの情報に触れるのを限定的にシャットアウトして「今」いるこの空間、季節、時間を楽しみましょう。
さて、みなさんのオリジナルの免疫アップのポジティブリストはどんなことですか?
考えてみると、これらのリストは、こんな緊急事態ではなくて普段の自分のご機嫌を保つため、セリフケアにも同じものが使えることに気が付きます。ぜひお試しあれ。

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (1)
  • びっくり! (1)
  • なるほど☆ (1)
  • さっそくやってみます(^-^) (1)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2019.11.10

【高校の授業で哲学対話】

「人員不足の中でどう組織を回すか」とか「やりたいことと、やらなくてはいけない仕事の優先順位をどうつけるか」など、「答えのない問題を解決する…

直近の講座開催スケジュール

直近のイベントはありません。

ページ上部へ戻る