【人育てにはコーチが必要】

カウンセラーにはカウンセラーが必要、、と業界では言われていますが、プロコーチであれば、客観的に見たり、物事を整理したり、関係性を築いていく過程を自らが体験する為にコーチをつけます。20年近くコーチングを教育や組織運営の現場でやってきている私にもコーチが2人います。意外と自分のことは見えずらいものです。

お話をしていて、絡まっていた糸を丁寧に色ごとに分けてもらって、先の目標のために「今」何をしなくてはいけないか、、にフォーカスができました。今回の気付きは先の目標や可能性のための「対策」に時間を使うのではなくて目の前にいる、待ってくださっているクライアントさん一人一人のために、こんなタイプだから、この人にはどんなありようで聴いてあげたいか、どんな風に聞いてあげようかという戦略を立てたり、こんな視点の質問をしようとか、考えてわからなかったら調べて学ぶことでした。

階段の上の方ばかりみて足元がとられる、、そんな状態だと気が付いたのです。小さな目の前の積み重ねが3,4年後に知識となって自分の軸となっていく、、というちょっと考えたら当たり前のようなことを忘れていました。

子育ても同じです。自分なりに心配をしたり、対策を立てるのですが、将来のことばかり考えて、肝心な目の前にいる子どもの発する言葉や表情を見ていない。子どもの気質や学び方の傾向、強みや興味、才能を見極めて、その子に届く言葉がけをしたい。「子育ての方法」は学校で学びませんので、自分の経験から試行錯誤で育てていくのも一つ。もう一つはやはりコーチをつけて、客観的に見たり、寄り添う方法を学んだり、承認をもらったりして。そうしていくうちに自信をもって子どもの伴走者となるでしょう。そして一人の人間として自立し、前に進む力が育まれます。定期的な子育てコーチングはお勧めです。

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (2)
  • びっくり! (0)
  • なるほど☆ (0)
  • さっそくやってみます(^-^) (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2018.5.11

高校受験で親ができる3つのキーワード

これからの時代は年齢、性別を超え、国籍を超えた多様な人材と一緒に働く時代というのは周知のとおり。それに加わってAIと一緒に働く時代も既に…

直近の講座開催スケジュール

直近のイベントはありません。

ページ上部へ戻る