【ドイツのマイスター制度を家庭でも意識しよう!】

小学校5年生の年齢で、大学進学コースか、職業訓練コースか、義務教育課程を選択できるドイツの教育制度。一方で日本では一斉に小学校に上がり、中学校、高校まで行き、「基礎学力」を身につけることを全員が目標とする。高校卒業前後に突然「大学で何を勉強したいか」とか「将来何になりたいか」と問われて戸惑う子どもは多い。その時に明確に「医者になる」、とか、「歯科技工師」になる、とか「地質学を学びたい」、とか分かっているのは幸運な一握りの人だけだ。

高校卒業まで実に12年。学問が合わない子どもも、それらができるようにと教育され続ける。出来ないことをできるようにする努力が称賛される。何の疑問も持たずに、いい大学、いい成績、高い偏差値というレールを家庭は敷いている。暗黙のメッセージとして子どもに伝わり、子どもが自分らしく居られずに、親子関係が悪化したり、体調を崩したり、最後には家に引きこもってしまったりする現象が起きている。今回の提案は、「年齢の早い段階で子どもの資質や得意分野を見極めて、子どもに合った進路を考えていこう」だ。「本を読むよりも手を動かしてモノづくりをしたかった」子どもが、早いうちから自信をもって得意な分野を進むとその道のスペシャリストやプロが増えるだろう。学校や教育制度が変わるのを待っていたら子どもたちの貴重な時間はあっという間に過ぎてしまう。家庭が気が付いて「今」から子どもの本当の強みを観察し、それにつながる進路や方向性の可能性の探索を開始するべきだ。

ドイツの教育制度は小学校5年生から、大学進学のコース、工業系か手工業系の3択になる。工業系は高校卒業までの5年間、手工業系は6年間の実学を学び、マイスター準備コースで更に技術を磨き、職人プロとしての国家資格、「ゲセレ」を取得する。大学の年齢でプロとして働き始めてもよいし、更に専門性を磨いてマイスターという職業プロとしての最高位の国家資格を取得することもできる。因みに、大学進学コースから職業訓練コースに変わることは可能だ。また滅多にはないようだが、職業訓練コースから大学進学コースへ変わることも可能で、実際にそのことを「努力ができる」というアピールポイントとして入社面談に来たドイツ人女性と話したこともある。

高校を卒業してから専門性を追求するのでは遅すぎるのはスポーツ界ではバレエダンサーやサッカーなどのプロの世界では有名だろう。ピアニストやバイオリンなどの芸術の世界でも早期教育が重要と言われている。子どもの得意なことを見極めるのは簡単だ。放っておいても時間が忘れるほど熱中していることをじっと観察し続けるのだ。それこそが大人になってからの土台となり軸になり、将来につながる可能性とも言える。日本ではそのことに気が付いた各種専門学校が中学卒業の年齢で専門性を学べるように、次々と「高等部」を作り始めている。専門学校と同じカリキュラムを高校生のうちから学ばせて、高校卒業の資格は通信制の高校のカリキュラムを受講させるのだ。その結果、3年間かけて2年制の専門学校と同じカリキュラムを学ぶので高校卒業時には専門学校生よりも技術的な質が高いらしい。

思えば日本には伝統工芸を引き継ぐ「職人」が昔は溢れていた。彼らに期待される能力はどんなことだろう。挨拶、コミュニケーション、そして成績の維持、すべて満遍なくできることだっただろうか。我が子が満遍なく学ぶことが得意でないことが分かったら喜ぼう。これからの時代は、「満遍さ」が通用しない分野が増えてくると思われる。AI、環境の大変化、少子化、グローバル化、など私たち大人が思いもつかない時代になっていく。想像のつかない時代で生きていくには自分であらゆる問題を解決していくしかない。その為には「自分が好きだ」とか「自分はこれでいいんだ」という自己肯定感を持った大人になってもらうことが必須なのだ。つまり子育ての目的と手段を取り違えないように、ドイツの教育制度を知って子どもを観察してみよう。その指標として「学習スタイル診断」は最適なのである。
*10歳で子どもの適材適所が限定されることの是非は議論がなされるところです。この記事では、その可能性を含めて子どもを観察しサポートしましょうということを目的に綴りました。

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (1)
  • なるほど☆ (1)
  • さっそくやってみます(^-^) (1)
  • びっくり! (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2019.4.20

子どもが学校に行きたくないと言ったら対話の実践 後編

2:一緒に考える第一ステップの「原因追求ではなく共感」で話を聴いた後は「これからどう過ごすか」を子どもと一緒に考えてほしい。ポイントは3つ…

直近の講座開催スケジュール

直近のイベントはありません。

ページ上部へ戻る