子育てにおいて「興味がない」「知らない」では済まされないこと。

子を授かった時、私たちは親になるためのトレーニングを受けるわけではないので、自分の経験値を基にしたり、試行錯誤したりして育てていきます。乳児、幼児、児童、思春期、、と段階を親も子どもと共に一緒に「学んでいく」という姿勢が大切です。始めは自分の物差しや価値観がすべてからスタートしがちですがすぐに自分の思い通りにならないことに気が付き頭を抱えます。そして「はた」と気が付くのです。「そうだ、学べばいいんだ!」と。選択肢や理論を知った上で、その教育法を取り入れるか入れないかはあなた次第なのです。「知らない」で、今の子どもに行っている教育法「だけ」が正しいという姿勢だと、いつの間にか思ったことと違うようなリターンが返ってくることがあります。自分の経験が自分の子どもにとっては最適なはずだ、、と思いがちですが、子どもは親の所有物ではありませんし、別人格の人間で、将来は自分の力で歩いていくことになります。そこで親は「自立」を目指した子育てを始める決心をします。その為に何をすればよいか、何が親にできるのか。「知る」と「学ぶ」が第一歩となるのです。

多くの人育てに関わる大人に知っていただきたい映画「Most likely to succeed 最も成功する教育法」。その上映も今日で5回目となりました。受験塾の経営者、サポート校経営者、大学生、保護ICT系教材会社社長、など多様な皆さんのご参加がありました。映画を観るだけでなく、自己紹介をして安心安全の場だと確認してから、上映後に感想をシェア。解散後もお互いがつながりあい、情報交換をしていて長くその場に残られます。個人的にはこの映画の中身だけが正しいと思いませんし万人に合った学びの方法ではないでしょう。ただ一つ言えるのはこの映画で出てくる子どもたちは「学びは楽しいものだ」と思っていることです。楽しいので、いざ受験勉強をするときにも抵抗なくできている様子だと想像がつきます。今回もご参加者のアンケートを紹介します。「一見は百聞に如かず」ぜひこの機会に学びの場へお越しください。

【ご参加者のアンケートから】

  • アメリカでも「画一的な日本の教育の悩み」と似たものが最近まであることを知った。もっと少ないと思っていたので。
  • 学習成果発表会(public exibition)のシーンで自分の考えや主張を自分の責任で示せるというところに共感した
  • ドキュメンタリーということで、High Tech highに合わない、合わなかった子どもたちにもフォーカスをしてほしかった
  • 「学びは無料で、そこにある」という言葉に共感した。
  • High Tech highの子どもたちと先生方の姿に涙しましたこの満足感、充実感は人生の宝物になると思います。失敗させてあげられる、待ってあげられる、任せてあげられる大人たちの勇気と愛に感動しました。ガーデニングも待つ姿勢が大切ですよね。
  • この映画を上場企業の人事担当役員に見せたいと思いました。もし大学進学が就職のためであれば企業が教育に関わり、投資することが新しい教育の育成を加速することにつながります。企業の課題はイノベーションの活性化。でも失敗を恐れる、拒絶を恐れるカルチャーが障害になっている部分もあります。まさに目的意識を持ち、創造力を持ち、情熱をもって忍耐強く前進できる人材が企業から求められているので、企業と教育の現場が実験していくようなMovementがこれから増えていくのではないかと思います。
  • 教育を取り巻く環境が大きく変わっているということが映画を通して伝わってきました。この教育法を忠実に再現することは難しいですが、自分の子どもに対しては知識を持ったうえで、学びが楽しくなるように働きかけていきたいと思いました。一方で文字を変えることや基礎的な教養の部分は自由な学習スタイルだと習得しずらいと感じるため、小学生くらいの時にはある程度の詰め込み教育が必要なのではと感じました。自由な学びと知識習得のバランスが難しいと思いました。
  • アメリカでも教育改革をしてきたことを知りました。昔から生徒の自主性を重んじる教育をしていたと思っていたので驚きました。日本でも映画に出てきたような学校が増え、選択肢が増えることを願います。創造力とコミュニケーション能力を高められるようになれば良いです。

  • 子どもが自由に自分が好きなことを探求するとき、本当の学びの楽しさを知ることができます。「失敗から学ぶ」時こそ、そばにいる大人がサポートをすることが必要だと学びました。また自分の学園の「探求型の教育システムが幼~高3までできていることを最近感じ、この映画を観てもっとダイナミックにできると確信しました。とても楽しかったです。また見たい映画です。
  • 面白かった。ドキュメンタリーの構成がアメリカっぽくてよかった。「教育はガーデニング」という言葉が印象的だった。今までできなかったことができるようになった時に自分が認められることはとても大切だと感じた。
  • 自分の子育てを振り返って、創造力をつけさせかったとおもいました。何でも手を出してしまって、子どもにさせてこなかったことを反省しました。でもこれからでも遅くないと思っています、頑張って見守り、自由にやりたいことをやらせます。
  • 自分の学校の教育方針に近い部分もあり、参考になりました。教える側の人間性、質の向上など問題はまだまだあると感じます。
  • 子どもがのびやかに学びができる環境を大人が作ることの大切さを再確認した。考えることを子どもたちに!考えた分だけ相手に伝わる!映画の中での発表会は成果を来場者に観ていただくという達成感が子どもの一人一人の自信となり、その後の成長に直結することを確信した。また教師が生徒を信じる。親が子どもを信じる。新しい教育の選択肢には勇気がいることだけれど、将来を担う子どもたちを応援するモチベーションが上がりました。

  • 映画のような教育を実現するためには国の制度や教員等の人材育成、親の意識改革、そして子ども達が本当に楽しんで学べるハードとソフトの両面での仕組みづくりが必要なので時間はかかるが、少しずつ自分のビジネスで実現していきたい。
  • 自分の体験を振り返って気が付いたことですが、それを自分が子育てする立場になり、実践するとなると少し勇気がいる。その子が本来持っている可能性を広げられる場所を学校、家庭、その他のところで与えられるようにしていきたい。
  • 映像の学校は成功した例ではあるが、日本では中々難しい。理由は先生の質がいま問われている時代で、そこから変えないとだめなんじゃないかと思う。学力って何だろう?と改めて振り返った。個々の能力や良さを引き出して、自主的にさせるという教育のデメリットもまたある。その中でも孤立してしまう子もいるだろうし、一人でじっくりやるほうが得意な子、輪に入れない子もいるだろう。そういう子のサポートはどうしているのか気になった。
    🍀上映スケジュールは次の通り。🍀
     
    (各回とも映画上映90分 シェア60分ほど)
    場所:東京インターハイスクール 渋谷キャンパス
    費用:無料
    お申し込みはいずれも以下の通りにお願いします、
    info@inter-highschool.ne.jp
    参加希望日時、名前、電話番号、メールアドレス、紹介者、所属、参加理由を添えてお申し込みください。
読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (2)
  • びっくり! (0)
  • なるほど☆ (0)
  • さっそくやってみます(^-^) (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2018.5.25

8つのボードゲームで家庭内のコミュニケーションUP

主に発達課題を持つお子さんのための自立支援を「療育」といいます。その療育現場にアナログなボードゲームを使ってコミュニケーション力を向上させる…

直近の講座開催スケジュール

8月
25
1:30 PM Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
8月 25 @ 1:30 PM – 4:30 PM
Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
。   🍀「Most Likely To Succeed」上映会 概要🍀 「Most Likely to Succeed」上映会 ~みんなで考えよう、学びのこれから~ 京都で、話題の教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会を開催します! 「Most Likely to Succeed」 とは? 「Most Likely to Succeed」 は、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン卿、カーンアカデミーのサルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボ所属の、トニー・ワグナー氏などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。2015年の公開以来、5000以上の学校や図書館、公民館といった公共施設や、SXSW edu を含む教育カンファレンスなどで上映されています。 米国のカリフォルニア州にある High Tech High というチャータースクールに通う二人の高校1年生の成長を追いかける過程で、日本と同様な受験偏重型教育と、生きる力を身につける実践的な教育のバランスをどう考えるかなど、国は違えど似た状況も多く、教育を取りまく様々な視点について考えさせられる作品です。 この日は、マインドフル子育て主宰、そして、日本人初の学習スタイルコーチである高橋有希子さんをゲストにお迎えし、親、教育者、学生、こども・・・、その場に集まる皆様たちと意見交換もしながら、一人ひとりが、自分ごととして考えられる場にしていきたいと思っています。 全編英語、日本語字幕がついています。字幕が読めるお子さんは、一緒にご覧いただけます。[...]
8月
26
10:00 AM Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
8月 26 @ 10:00 AM – 1:00 PM
Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
「Most Likely To Succeed」上映会 2015年に米国で公開され、日本でも教育者の間で静かに広がっている映画です。「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」学校の教育だけが正しい学びなのでしょうか?これからの時代、最も成功する学びの方法を一緒に考えていきましょう。上映会の後にシェアの時間を持ちます。   🍀「Most Likely To Succeed」上映会 概要🍀 🔶 テーマ: 「Most Likely To Succeed」上映会 🔶対象: 新しい教育法について学びたい方、自分のコミュニティに広げたい方 🔶定員: 30名 🔶時間: 10:00~13:00 🔶開催場所: 東京都渋谷区渋谷1-23-18 ワールドイーストビル4F 🔶参加費:無料 🔶申し込み:info@inter-highschool.ne.jp 名前、電話番号、メールアドレス、所属、参加理由を添えてお申し込みください。       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
8月
30
9:45 AM 【第一回:育てにくい子どもを持つ... @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
【第一回:育てにくい子どもを持つ... @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
8月 30 @ 9:45 AM – 12:00 PM
【第一回:育てにくい子どもを持つ親のための講座】 @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
【第一回:育てにくい子どもを持つ親のための講座】 -吹きこぼれ集まれ!ギフテッドの子どもたちの教育を考える会- 【澤田幸子さんと学習スタイル】 自らもギフテッドのお子さんを持ち、その子どもに合う療育を家庭で!と発達凸凹の親子支援している澤田幸子さんをお迎えして子育て相談講座を開催します。 澤田さんは全国から発達凸凹さんの情報共有のための療育グループを主宰していて、特性を生かすためのボードゲームを使ったソーシャルスキルトレーニングや感覚統合運動についての具体的な家庭で出来る方法などを親向けに発信したり、直接発達課題のあるお子さんたちに実践していらっしゃいます。 学習スタイル診断を受けてからお子さんの自己肯定感が上がり、診断を指針に子育てがしやすくなったとのことで多くの皆様に子どもの強みに着目する方法、弱みを支援する方法をお伝えしたいという思いで会の開催を決定いたしました。 高橋ゆきこは2000年より米国通信制高校でAcademic Directorとして勤務。現在はマインドフルラーニングを主宰し、子どもの強みを発見するための学習スタイル診断を基本に子育てコーチング、コーチ認定講座、親子コミュニケーション講座、企業幹部コーチングなど多岐に渡って「人育て」をしている皆様の支援をしています。 一年でお会いした保護者の皆様は述べ200名。2000年から支援してきた思春期の子どもや親御さんは1000名近くです。 9月からは月1回、週末に定期的な勉強会を開いていく予定です。地方の方にもZooomでご参加いただけるような仕組みを9月から始動します。 まずはキックオフ講座にご参加になりませんか? 初回では、まずは皆様からの質問に答える形でセッションを進めていく予定です。 療育、コミュニケーション、強み、ゲーム、学力、学校との連携、不登校、多様な学びの場、学びの選択肢、サポート校、思春期、Most likely to succeed、、などのキーワードに一つでもヒットした方はぜひご参加ください。   🍀「吹きこぼれ集まれ!ギフテッドの子どもたちの教育を考える会」概要🍀 🔶 テーマ: 「育てにくい子どもを持つ親のための講座」 🔶定員: 25名 🔶時間:9時45分から12時 (開場9時半) 🔶開催場所:東京渋谷 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】渋谷1-18-9 🔶参加費: 2500円 (事前お振込みでご参加が確定いたします) 📝 お申し込みはこちら       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
9月
6
11:30 AM Mama Cafe 「思春期対応法 3つの... @ 渋谷
Mama Cafe 「思春期対応法 3つの... @ 渋谷
9月 6 @ 11:30 AM – 1:30 PM
Mama Cafe 「思春期対応法 3つのステップ」 @ 渋谷
「思春期年代の対応法 子育て相談Q&A」 あれだけ素直だった子どもが一夜にしてまるで別人。驚くような言葉遣いをする。学校ではいい子なのに家では好き放題。思春期はホルモンのバランスが乱高下していてまるでジェットコースターの毎日。「命があるだけで2重◎」、とある心理学者は描写するような危なっかしい時代。家庭での声掛けや、見守り方を一緒に考えていきます。   🍀Mama Café 開催概要🍀 🔶 テーマ: 「思春期年代の対応法 子育て相談Q&A」 🔶対象: 小学生以上のお子さんがいらっしゃる保護者 🔶定員: 4名から10名まで 🔶時間: 11:30~13:30 🔶開催場所: 渋谷駅 徒歩5分の素敵なカフェ 〈お申し込みいただいた方にお知らせします〉 🔶参加費: 参加費は1000円+(飲食代は別途各自お支払い)です。ヘルシーなランチをいただきながら 楽しい雰囲気で真面目な子育ての話をします。 📝 お申し込みはこちら       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
9月
9
1:00 PM 「学習スタイルを活用した勉強法」... @ 東京インターハイスクール
「学習スタイルを活用した勉強法」... @ 東京インターハイスクール
9月 9 @ 1:00 PM – 4:30 PM
「学習スタイルを活用した勉強法」渋谷開催 @ 東京インターハイスクール
「学習スタイルと親子コミュニケーション」 アメリカのカリフォルニア州のラーニングサクセスインスティテュートで40年前に開発された「ラーニングスタイル」という学習方法のタイプ別分析法があります。その診断を元に親子の違いや子どもの学力や強みを伸ばす方法を学ぶ2時間余りの講座です。 私たちのほとんどは、自分のやりやすい方法が学び方のベストだと思って子どもに伝えてきました。多くが学校で学ぶ方法を身近に感じて授業を聞いて、学ぶという学習方法が学習の基本だと考えています。しかし、その学習スタイルが合っているのは、5つある学習の気質のタイプのうちの1つのタイプにすぎません。また、子どもと親の学習タイプが同じとも限らず、「私はこれでうまくいったから」という感覚で話してみてもうまくいかないことも多いです。子育ての目的、日本、海外の教育に関する最旬な情報、そして、子どもの学習スタイルについて強みを一緒に発見しましょう!また、皆さんにも、学習スタイルのアセスメントを体験していただき、ご自身の学習スタイルを知っていただくことができます。     🍀「学習スタイルを活用した勉強法」 概要🍀 の会を企画・運営する DEI(Democratic Education Initiative)は、日本中で、民主的な教室・職員室・学びの場を実現していこうとする人たちが、具体的に、制約/枠組みがある教育現場で変化を起こしていくためのネットワーク。 ココロミ会は、 教室や職員室や各現場で、具体的にやってみられそうなことを、 みんなで体験したり、考えてツール化したり、現場でのいかし方・使い方を検討したりして、現場でデモクラティックエデュケーションをかたちにしていくための思考と試行の場です。 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –[...]
ページ上部へ戻る