「最も成功の可能性が高い教育法」Most Likely To Succeed

あなたはもう「Most Likely To Succeed(最も成功の可能性が高い教育法)」を観ましたか?小4の娘が一夜にして不登校になって、いい大学に行くためだけの「学校の在り方」に父親が疑問を持ち始める、、という導入で映画が始まります。この映画のテーマは「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」であり、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン氏、カーンアカデミーのサルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボ所属の、トニー・ワグナー氏などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。

早稲田大学の高等学研究所が主催で司会からすべてが英語で行われていました。2015年に米国でこの映画が公開されてから現在は35か国、7000人が視聴していて教育現場では静かにこの映画が広がっています。米国カリフォルニア州のサンディエゴにある High Tech High というチャータースクールに通う高校1年生のプロジェクトのみの学習方法を追いかける映画です。教科を教えない、テストがない、宿題が出ない、という「自由」な学校の試みで彼らに与えられた唯一のことは「一年間かけて歴史を学ぶためにどんなプロジェクトを行うか」ということです。演劇で歴史を学んだ成果を表すグループもあれば巨大なアートの作品として表現するグループもあります。

この学校は「チャータースクール」といって州や学区が認めた自由な形の学校で公費で運営されています。入学は人種や所得に関係なく、出願した生徒を抽選で選びますので半数が低所得者層です。学校では数学や科学などの州統一テストに必要な教科型の授業は行われないので保護者は「基礎学力が付くのか」「希望する大学に入ることができるのか」という当然な心配を抱えています。教えたい情熱のある教師は一年ごとの契約でこの学校にやってきます。9年生を担当する先生は二人だけ。プロジェクトチームをいかに自主的に考えさせ、設計させ、失敗をさせ、そこから学ばせるかという指導に徹底しています。定期テストをしない代わりに一年の学年の最後に「成果発表会」が行われ演劇のパフォーマンスや作品を展示して、学校の管理人さんまでを含む来場者全員がその「作品」の評価に携わるとのことです。

従来の教育は急速に発展する工業化社会に対応するための人材を輩出するために120年前に始まりました。工業化教育の目標は工場で働く人材育成でした。それは、1:座ってレクチャーを聴ける人 2:繰り返す作業を覚えること 3:皆が同じ質の教育を受けていること、つまり今の学校の原点となっているものです。それが120年以上もの間変わってきていないことに問題があります。これからの時代はAIなどと一緒に働く、情報化社会に対応することができる教育を施していかねばなりません。情報を取捨選択して自らが判断できる大人になるには若いうちに失敗や判断することを経験させていないと社会に出てはできないという考えです。情報化社会では知識はインターネットで無料で調べることができるのでもう暗記の学習の時代ではありません。実際にアメリカにはAPクラスといって大学レベルのクラスを高校で単位取得をすることを素晴らしいと考える傾向があるのですが、例えば520年以上のアメリカの歴史を年間32週の授業で学ぼうとすると先生はレクチャー式を取るしかありません。暗記で覚えてよい点数を取った知識も3か月後にはその記憶が0に近く、その勉強の意味はないと映画では説明されていました。それよりも自らが考え、責任をもって行動し、選択肢して学んだ体験は大人になってからもその「ソフトスキル」は生かされることでしょう。


一昔前までは大学の学位さえあればよい職業につけて中流階級の生活ができていましたが、現状では53%の米国大学卒業生が失業している状態だというデータがありました。今の子どもたちの65%が全く考えてもいない新しい仕事につくといわれています。そんな情報化社会に生き抜く子どもたちに求められている「ソフトスキル」は4つあります。
1:創造性の高い仕事をしてフィードバックを受け止める力があること
2:共感力があること
3:そして批判的思考ができること
4:プロジェクトをチームで遂行するコミュニケーション力を持つこと

です。このような教育をしていてもカリフォルニア州の統一テストの平均点より10%も高いスコアをこの学校の生徒たちは出しています。基礎学力は学習が嫌いにならなければ本人が気が付いた時から学べるもの。それよりも学校に来ることがワクワクしたり学びたくて仕方ない環境を用意することが大事だということです。

まだアメリカでもこのHigh Tech Highが何とかやっている試みであり、実験段階ではあります。今の教育システムは違う見方をすると「数字で評価する」というわかりやすい指標があるからどの国のどのシステムにも通用してきています。このHigh Tech Highの方法でどう生徒のソフトスキルをどう数値化するか、数値化しないのであればどう評価できるか。この試みを世界中で広げるだけの明確なサポートやシステムはあるのか。人材育成はどうするのか、本当にすべての社会に導入したいのならばこの映画を無料でYoutubeに挙げて広めればいいが、そうではないところに民主主義的な難しさもあるのかと思います。子どもは「今」を生きていて、待ったなしです。今いる場所でそのような「環境」が用意できていなければ家庭が意識をして子どもに合った環境をどんどんと選択していくことが必然の流れのようです。
最後にこの映画のエグゼクティブプロデューサー、テッド・ ディンタースミス氏が来日していて、飛行場から会場に直行し来場者と質疑応答をしていました。中には高校生が頑張って英語で質問するシーンもありました。「これから、学校ではどんなキャリアデザインを教えていけばよいと思うか」と問う質問にTedさんは「キャリアデザインという言葉さえなくなると思う。なぜなら、今ある仕事の大半は10年20年以内にすべてなくなるから」という受け答えをしていました。このような時代にあなたは自分の子どもをどう育てていきたいですか?
☆2018年7月25日水曜日 渋谷で無料上映会を開催します。詳しくはこちらまで

お申し込みをお待ちしています。

読んだ感想はこちらへぽちっ↓
  • いいね♡ (5)
  • びっくり! (0)
  • なるほど☆ (0)
  • さっそくやってみます(^-^) (0)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2017.10.1

2017年10月米国最前線:学習スタイル(LS)教育事情 vol.1

米国発 学習スタイル子育て法との出会い: 1999年に長男を出産して6ヶ月後に私は米国にいました。カリフォルニア州のVenturaという都…

2018.7.15

子どもに進学をしてもらいたい大学のトップ3

2018年7月15日日曜日 立命館アジア太平洋大学 オープンキャンパス in 大分 「日本の大学780校の中でも極端に違う大学」と一年ほど…

直近の講座開催スケジュール

8月
25
1:30 PM Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
8月 25 @ 1:30 PM – 4:30 PM
Most Likely to Succeed 京都上映会  @ ひと・まち交流館 京都 大会議室
。   🍀「Most Likely To Succeed」上映会 概要🍀 「Most Likely to Succeed」上映会 ~みんなで考えよう、学びのこれから~ 京都で、話題の教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会を開催します! 「Most Likely to Succeed」 とは? 「Most Likely to Succeed」 は、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン卿、カーンアカデミーのサルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボ所属の、トニー・ワグナー氏などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。2015年の公開以来、5000以上の学校や図書館、公民館といった公共施設や、SXSW edu を含む教育カンファレンスなどで上映されています。 米国のカリフォルニア州にある High Tech High というチャータースクールに通う二人の高校1年生の成長を追いかける過程で、日本と同様な受験偏重型教育と、生きる力を身につける実践的な教育のバランスをどう考えるかなど、国は違えど似た状況も多く、教育を取りまく様々な視点について考えさせられる作品です。 この日は、マインドフル子育て主宰、そして、日本人初の学習スタイルコーチである高橋有希子さんをゲストにお迎えし、親、教育者、学生、こども・・・、その場に集まる皆様たちと意見交換もしながら、一人ひとりが、自分ごととして考えられる場にしていきたいと思っています。 全編英語、日本語字幕がついています。字幕が読めるお子さんは、一緒にご覧いただけます。[...]
8月
26
10:00 AM Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
8月 26 @ 10:00 AM – 1:00 PM
Most Likely to Succeed 上映会 @ 東京インターハイスクール
「Most Likely To Succeed」上映会 2015年に米国で公開され、日本でも教育者の間で静かに広がっている映画です。「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」学校の教育だけが正しい学びなのでしょうか?これからの時代、最も成功する学びの方法を一緒に考えていきましょう。上映会の後にシェアの時間を持ちます。   🍀「Most Likely To Succeed」上映会 概要🍀 🔶 テーマ: 「Most Likely To Succeed」上映会 🔶対象: 新しい教育法について学びたい方、自分のコミュニティに広げたい方 🔶定員: 30名 🔶時間: 10:00~13:00 🔶開催場所: 東京都渋谷区渋谷1-23-18 ワールドイーストビル4F 🔶参加費:無料 🔶申し込み:info@inter-highschool.ne.jp 名前、電話番号、メールアドレス、所属、参加理由を添えてお申し込みください。       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
8月
30
9:45 AM 【第一回:育てにくい子どもを持つ... @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
【第一回:育てにくい子どもを持つ... @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
8月 30 @ 9:45 AM – 12:00 PM
【第一回:育てにくい子どもを持つ親のための講座】 @ 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】
【第一回:育てにくい子どもを持つ親のための講座】 -吹きこぼれ集まれ!ギフテッドの子どもたちの教育を考える会- 【澤田幸子さんと学習スタイル】 自らもギフテッドのお子さんを持ち、その子どもに合う療育を家庭で!と発達凸凹の親子支援している澤田幸子さんをお迎えして子育て相談講座を開催します。 澤田さんは全国から発達凸凹さんの情報共有のための療育グループを主宰していて、特性を生かすためのボードゲームを使ったソーシャルスキルトレーニングや感覚統合運動についての具体的な家庭で出来る方法などを親向けに発信したり、直接発達課題のあるお子さんたちに実践していらっしゃいます。 学習スタイル診断を受けてからお子さんの自己肯定感が上がり、診断を指針に子育てがしやすくなったとのことで多くの皆様に子どもの強みに着目する方法、弱みを支援する方法をお伝えしたいという思いで会の開催を決定いたしました。 高橋ゆきこは2000年より米国通信制高校でAcademic Directorとして勤務。現在はマインドフルラーニングを主宰し、子どもの強みを発見するための学習スタイル診断を基本に子育てコーチング、コーチ認定講座、親子コミュニケーション講座、企業幹部コーチングなど多岐に渡って「人育て」をしている皆様の支援をしています。 一年でお会いした保護者の皆様は述べ200名。2000年から支援してきた思春期の子どもや親御さんは1000名近くです。 9月からは月1回、週末に定期的な勉強会を開いていく予定です。地方の方にもZooomでご参加いただけるような仕組みを9月から始動します。 まずはキックオフ講座にご参加になりませんか? 初回では、まずは皆様からの質問に答える形でセッションを進めていく予定です。 療育、コミュニケーション、強み、ゲーム、学力、学校との連携、不登校、多様な学びの場、学びの選択肢、サポート校、思春期、Most likely to succeed、、などのキーワードに一つでもヒットした方はぜひご参加ください。   🍀「吹きこぼれ集まれ!ギフテッドの子どもたちの教育を考える会」概要🍀 🔶 テーマ: 「育てにくい子どもを持つ親のための講座」 🔶定員: 25名 🔶時間:9時45分から12時 (開場9時半) 🔶開催場所:東京渋谷 美竹の丘 会議室A 【東京メトロ 渋谷駅13番出口から徒歩3分】渋谷1-18-9 🔶参加費: 2500円 (事前お振込みでご参加が確定いたします) 📝 お申し込みはこちら       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
9月
6
11:30 AM Mama Cafe 「思春期対応法 3つの... @ 渋谷
Mama Cafe 「思春期対応法 3つの... @ 渋谷
9月 6 @ 11:30 AM – 1:30 PM
Mama Cafe 「思春期対応法 3つのステップ」 @ 渋谷
「思春期年代の対応法 子育て相談Q&A」 あれだけ素直だった子どもが一夜にしてまるで別人。驚くような言葉遣いをする。学校ではいい子なのに家では好き放題。思春期はホルモンのバランスが乱高下していてまるでジェットコースターの毎日。「命があるだけで2重◎」、とある心理学者は描写するような危なっかしい時代。家庭での声掛けや、見守り方を一緒に考えていきます。   🍀Mama Café 開催概要🍀 🔶 テーマ: 「思春期年代の対応法 子育て相談Q&A」 🔶対象: 小学生以上のお子さんがいらっしゃる保護者 🔶定員: 4名から10名まで 🔶時間: 11:30~13:30 🔶開催場所: 渋谷駅 徒歩5分の素敵なカフェ 〈お申し込みいただいた方にお知らせします〉 🔶参加費: 参加費は1000円+(飲食代は別途各自お支払い)です。ヘルシーなランチをいただきながら 楽しい雰囲気で真面目な子育ての話をします。 📝 お申し込みはこちら       読んだ感想はこちらへぽちっ↓いいね♡ (0)びっくり! (0)なるほど☆ (0)さっそくやってみます(^-^) (0)
9月
9
1:00 PM 「学習スタイルを活用した勉強法」... @ 東京インターハイスクール
「学習スタイルを活用した勉強法」... @ 東京インターハイスクール
9月 9 @ 1:00 PM – 4:30 PM
「学習スタイルを活用した勉強法」渋谷開催 @ 東京インターハイスクール
「学習スタイルと親子コミュニケーション」 アメリカのカリフォルニア州のラーニングサクセスインスティテュートで40年前に開発された「ラーニングスタイル」という学習方法のタイプ別分析法があります。その診断を元に親子の違いや子どもの学力や強みを伸ばす方法を学ぶ2時間余りの講座です。 私たちのほとんどは、自分のやりやすい方法が学び方のベストだと思って子どもに伝えてきました。多くが学校で学ぶ方法を身近に感じて授業を聞いて、学ぶという学習方法が学習の基本だと考えています。しかし、その学習スタイルが合っているのは、5つある学習の気質のタイプのうちの1つのタイプにすぎません。また、子どもと親の学習タイプが同じとも限らず、「私はこれでうまくいったから」という感覚で話してみてもうまくいかないことも多いです。子育ての目的、日本、海外の教育に関する最旬な情報、そして、子どもの学習スタイルについて強みを一緒に発見しましょう!また、皆さんにも、学習スタイルのアセスメントを体験していただき、ご自身の学習スタイルを知っていただくことができます。     🍀「学習スタイルを活用した勉強法」 概要🍀 の会を企画・運営する DEI(Democratic Education Initiative)は、日本中で、民主的な教室・職員室・学びの場を実現していこうとする人たちが、具体的に、制約/枠組みがある教育現場で変化を起こしていくためのネットワーク。 ココロミ会は、 教室や職員室や各現場で、具体的にやってみられそうなことを、 みんなで体験したり、考えてツール化したり、現場でのいかし方・使い方を検討したりして、現場でデモクラティックエデュケーションをかたちにしていくための思考と試行の場です。 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –[...]
ページ上部へ戻る